もう一度夏マサに会いたい- 2022年7月- 福岡〜壱岐 単独MarineCrossで夏マサ調査決行。

もう一度夏マサに会いたい- 2022年7月- 福岡〜壱岐 単独MarineCrossで夏マサ調査決行。

思い返せば今年、ヒラマサに会えていないことに

気付いたブログ主です。

 

今年は年始からヒラスズキに没頭していて

ベイトタックルで釣りたい願望を叶えるべく

1月にタックルを新調しました。

 

 

そうこうしていると7月も下旬

気づけば未だ青物をまともに

釣り上げていないことに気づく。

 

私の主たる活動範囲である九州北部で

チラチラ夏マサの声が聞こえ出したこと

を受け、今回は単独で沖磯に夏マサ調査

に向かうことにしました。

 

夏マサ調査 Marine Crossに乗船

今回は昨年、上イズミ瀬釣行でお世話に

なったMarine Crossに乗船。

 

 

この時は開始から竿が触れないトラブルに

見舞われどうなることかと思いましたが、

終わってみれば夏マサに出会うことが

できました。

 

 

久々のMarine Cross、この日は

餌釣り師とルアーマン合わせて

10名程度が乗船。

 

話しかけてくれた常連のルアーマンの方に

よれば、

青物ですか?
厳しいですよー!

 

海域にもよりますが、ベイトは粉ベイト…

しかも数も少ないとのことです。

 

ミルコ
ミルコ
燃える・・!!
これで口を使わせてこそ・・

 

この遊漁船のお客さんは皆、暖かいですね。

気さくに話しかけてくれて、情報も共有して

くれとても居心地がよろしい。

 

さてどのような結果が待っているのか・・。

 

出港、沖磯に渡磯!

予定どおり基地港を出港。

2時間ほどで目的の磯に到着しました。

 

まったく別の海域ですが、

去年はこの時期に自身初のメーターヒラマサ

キャッチしたのでそのイメージを頭に展開する。

 

 

ミルコ
ミルコ
あの時も、何の前触れもなく猛烈チェイスからのバイトだったので気を抜かず投げなければ。

当日の潮回りはこんな感じです。

満潮からの下げ時合い。

この潮とは相性が良い気がします。

 

使用するタックルはこちら。

青物用タックル
ロッド MC WORKS  RAGING BULL 104XF-2
リール SHIMANO STTELA SW 8000HG(20 STTELA SW14000HG スプール使用) 
PEライン ダイワ(DAIWA) UVFソルティガデュラセンサーX8+Si2 6号 300m
アシストPE YGK アシストライン スクラム16 8号80lb 100cm
ショックリーダー よつあみ エックスブレイド(X-Braid) キャストマン アブソーバー 140lb 3m

 

ロックフィッシュタックル
ロッド YAMAGA BLANKS  Early for rock104H
リール SHIMANO TwinPower XD 4000XG
PEライン よつあみ X BRAID×8 スーパージグマン 1.2号 300m
ショックリーダー VARIVAS ショックリーダー フロロカーボン25lb

 

お気づきのとおり。

そうです。

実はロックフィッシュタックルも新調しました。

 

夏マサ開幕前に、ロックフィッシュゲームを

始めようと思い、前回、五島方面に遠征して

きました。

 

キジハタ 42cm

 

アカハタ 41cm

 

ミルコ
ミルコ
ロックフィッシュ!
めちゃめちゃ面白かった!

 

購入資金は金の貯金箱、いわゆるポイ活にて。

非常にオススメです。

ポイ活について、詳しくはこちら。

 

 

スタートフィッシング

朝マヅメ、まずは青物の活性から

チェックします。

 

使用するのはこのルアー

ロングジャーク、ショートジャーク

そしてリーリングアクションが可能

なので、状況がさっぱりの海域では

多彩なアクションを織り混ぜることが

できるレガートは重宝します。

 

向かって右側は激流。

同磯者がキャストしているので反対側に投げる。

それでも正面向かって10時方向にキャストして

回収時は2時方向からルアーが帰ってきます。

 

ベイトは見えませんが、引き続き朝は高活性の

大型個体を狙っていきます。

居れば何らかのサインは出すと思いますが

果たして・・・。

 

期待の時間は何も起こらず、潮が緩む

1時間経っても何も起きず

夏独特の“どう見ても出そうなのに出ない”

時間が続きます。

 

しかしながらここまでは想定内

 

日も上がってきたのでルアーチェンジ

ブリットペンシル170F クリアカラー

をセット

 

飛距離◎

アクション◯

操作性◯

のダイビングペンシル



 

アクションはマイクロベイトを意識して

出来るだけ移動距離を短く

そして毎回泡をかむようにロッドを入力

シルエットをぼかしてなるだけ狙った位置

にステイするよう心掛ける。

 

 

 

 

 

…出ない。

どうしたものか。

 

同磯者にも何ら反応はない様子。

 

夏はどうしてもベイトサイズが

小さいので、なるべくシルエットを

見せすぎず、泡でごまかしながら控

えめに、そして止まらないアクション

を意識しているのですが当然のことなが

ら必ずしも毎回ハマるわけではない。。

今日はどうやら違うようです。

 

アクションを変えてみる

次は、ルアー着水から目標の潮の

ヨレに差し掛かったところで潮に

流してワンダイブ、少しステイを

入れてまた潮に流してワンダイブ

を繰り返してみます。

 

 

今日の天気のようなピーカンベタ凪

の時、このアクションこそクリアカラー

が効くような気がする。

 

そんなことを思いながら1投目。

 

目標のヨレに入ったところで

アクション開始。

 

するとルアーの後ろにモワッと

不自然な水流が立ち上がる。

ミルコ
ミルコ
!!

 

いきなり!!

 

 

 

しかし口は使わない!

見切られました。

 

回収後すぐにキャスト、、はせず、

ここであえてルアーチェンジ!

 

おそらくしっかり餌を見ている。

 

ルアーサイズが合っていないものと判断。

続投するよりもサイズをダウンさせて

見せた方がチャンスがあると考えました。

 

次のルアーは歴戦の戦士、デコカット。

created by Rinker
¥4,171 (2022/08/14 11:31:08時点 楽天市場調べ-詳細)

 

同じアクションで誘い出しますが、

それ以降反応は続かず。

 

ワンチャンスをものに出来ません。

 

夏マサを諦め、お土産確保に走る

灼熱の荒磯が容赦なく体力を奪います。

間違いなく脳の電気信号がどこかで

短絡している…あれだけ張り切って

いた夏マサ調査をいとも簡単に

諦めました。

 

ロックフィッシュに切り替えよう。

 

潮も完全に緩んだので、タックルを

持ち替え、セットしたジグはこちら。

 

PalmのSlow blatt cast シリーズ

昔から好きだったんですが

しばらくジグをやってなかったので

このupは初めて使います。

 

投げてびっくり。

 

後方重心なので飛行姿勢は当然よく

抜群の飛距離。

 

ロッドを煽ると縦方向にぐるぐるっと

スパイラルしながらアクションし、

フォールは水平で沈下速度はけっこう

遅めといった感じ。

 

そしてただ巻きではオシリを振って

シンペンのようなアクションをします。

 

 

ミルコ
ミルコ
すごい!!

中古で528円だったけど、

これは使えそうだ!!

 

さっきまで潮が走っていた場所で

ボトムをネチネチ攻めてみますが

全く反応なし。

 

気分転換に潮が回り込むワンド側に

キャスト。

 

着底からのショアスロー

こちらも反応なし、リトリーブ回収中…

リールがコツっと止まる。

 

ミルコ
ミルコ
!!!

ジジーーーーッ!!(ドラグ音)

 

瞬間にベールフリー!!

 

夏マサ特有の暴力的引き味!

 

すぐ真下のテーブル磯でかけたので、

ここでの勝負は99%負けます。

 

ここは守りの時間。

10秒後、少しラインが外に払ったので

ベールを戻してテンションを掛ける

 

するとまた足下に突っ込む!

 

またまたベールフリー。

 

お!食いましたねー!
ミルコ
ミルコ
でもPE1.2なので怖いです!
今ちょっと泳がせてます!

再びベールを戻すと、さっきより

勢いが落ちた。

 

俺のターン
ミルコ
ミルコ

隙を見て一気に攻勢に出る

 

曲がれば曲がるほど魚にリフトパワーが

伝わっていることがわかります。

ロッドがぐんぐん浮かせてくれます。

 

足下のストラクチャーもかわして

完全に勝負あり。

波に乗せてランディング。

 

夏マサ…ではなく

61cm

3.0kg

カンパチでした!

 

狙って釣ったわけではないですが

それでも今年初の青物、嬉しい!!

 

 

かけた時は80cmくらいの夏マサ

だと思ったんですが、やはりカンパチの

引きは違いました。

 

獲れてよかった。。

 

大規模なヒラマサのナブラに遭遇

11時を回った頃、200メートル先の

潮目が白い飛沫に包まれます。

 

すごい規模のナブラ。

 

届きませんが徐々に接近してきます。

その後も縦横無尽、散発的にナブラが

続き、ついに100m近くまで接近。

 

きたー!!
ミルコ
ミルコ

すぐに青物タックルでブリットペンシル

を投入しますが反応なし・・・!

ナブラのすぐ横に入っているのですが

 

今度は12cmのオシアペンシルを

投げてみますがこれにも反応せず。

 

すぐ足下まで接近して魚体が見え

ましたが、80cmから90cm弱の

ヒラマサの群れです。

突き上げられているベイトはサヨリの

ような小さなベイト…はっきりとは

視認できません。

ひとつ言えるのはめちゃめちゃ小さいと

言うこと。

 

ですが思いのほかナブラは長い時間続い

ています。

 

獲れるかわかりませんが、Earlyで40gの

ジグでやってみよう…!!

 

40gのジグをナブラのど真ん中に投げ込んで

スキッピング

 

するとヒラマサの反応が変わり、数匹がチェイス

してきます!

 

ミルコ
ミルコ
おおー!食え!!

 

しかし数秒チェイスして必ず見切る。

 

何度も何度も見切られる。

何度繰り返したかわかりません。

 

 

結局、大規模ナブラを目の前に捉えたのに

何もできず納竿となりました。

 

🐾ワンポイントメモ

攻略激むずマイクベイト、

口を使わせるまであと一歩、

何が違うのか…また良い経験が

できました。

 

今回は棚ぼたで良いお土産が確保

できましたが、欲を言えば狙い通り

に釣りたかったです。

しかし予想外のファイターに対して

しっかりと結果を出してくれたタックル

に感謝です。

 

そして今釣行でお世話になり、仲良く

なったルアーマンの方、初見の私に

惜し気もなく情報を共有してくれて、

HIT中はチャンスタイムであるにも関わ

らず素晴らしい写真まで撮影していただき

本当に感謝です。

ぜひまた一緒に磯に立ちましょう。

 

 

づづきましてEarly for rock について少し紹介させて

下さい。

 

 

当初86MHを購入しようと思ってたの

ですが、どこの釣具店も在庫切れで

なかなか見つからず。

 

灯台下暗しで意外にも地元の釣具店

で見つけました。

 

悩みどころとしては、ターゲットを絞る

のか、または広げるのか

完全にロックフィッシュオンリーに絞って

86MHにするか

 

それともターゲットに幅を持たせて、小型

青物、ヒラスズキまで視野に入れた104hか

 

結論、自分のメインフィールド、さまざまな

魚種が混在する壱岐対馬、五島、鹿児島など

では、ターゲットを絞ること自体難しいですし、

さらにジグのMAXウエイトと水深の関係が

不釣合いになりそうなので、104hを選択しま

した。

掛けた魚は確実に獲りたいです。

ミルコ
ミルコ
今回の釣果、ヤマガブランクスHP
Reportにて紹介していただきました!!

 

 

EARLY104H for Rock ロックショアカンパチ

専用ロッドはさすがといったところで、

ボトムの感度が抜群に良い!

初めて投げた時は驚きました。

 

3kgのカンパチでも、しっかりと止めて

くれますし、何ならもう少し余裕がある

くらいパワーがあることはわかりましたので、

青物がいる海域でも安心して使い込めそう

です。

正直40cm前後のロックフィッシュは

余裕です。

 

 

 

話は大きく変わり余談になりますが、

これまで自分のブログでどんな記事が

読まれているのか、正直あまり分析する

ことなく、思いついたネタをただただ

記事にしていたんですが、自分の予想

とは裏腹に意外と釣果記録が読まれて

いたので、9月の五島釣りキャンプ遠征

そして10月は憧れの草垣群島遠征も記事

にしていこうと思います。

楽しみすぎる!

いつも閲覧していただきありがとう

ございます。

 

 

そして今回も最後まで読了ありがとう

ございました!