とにかく明るいライトが欲しい -トモライトは照明弾級に明るい –

とにかく明るいライトが欲しい -トモライトは照明弾級に明るい –

最近、磯での安全性を向上させるべく

装備の強化に取り掛かっております。

 

兼ねてから友人のヘッドライトが

とてつもなく明るいことが気に

なっていたブログ主。

 

現在使用中のヘッドライトの

明るさに物足りなさを感じてはいた

ものの、買ってまだ日が経っていな

いと言う理由から勿体無い精神が邪魔

をしてなかなか新替えに至らなかった

のですが…

 

安全に関わるものを惜しむ理由は無い

 

ということで、今回購入した商品です。

 

 

Tomo Light LEDヘッドライト

 

 

このヘッドライト、夜中の磯釣りで

友人が使用していた代物なんですが

エグいほど明るい。

 

 

正直ケタ違いの明るさです。

 

 

並んで歩くともはや自分のライト

の灯りが不要であると思うほど

めちゃめちゃ明るい。

 

点灯中は昼間のように足場が

わかるので安全性が格段に向上。

むしろ明る過ぎて海面に向けられない。

(確実に魚が散る)

 

結論、買い替えて大正解でしたので

紹介します。



 

次世代のLEDライト Tomo Light

しばらく前にamazonのスポーツ&アウトドア

ランキングで1位となったことで、一気に

バズった製品で、あまりの人気から

中国&韓国から架空受注を受けたり

さらには「商品使用時に爆発した」と言う

虚偽報告を受けたりと不幸が続き

大損害を被ったのだとか・・・

 

中華製類似品が多数存在する

ことを発端にTwitterでプチ炎上したり

テレビに取り上げられたりで

在庫切れが続いていたそうですよ。

(現在は普通に買えます。)

 

製品としては申し分なく、むしろ気に

入っているブログ主ですので、本記事で

はあくまでこの商品の良いところを

中心に記載します。

その辺の詳しいお話が気になる方は

各自でググってみて下さい。

 

 

 

そんなこんなで注文から2日で

届きました。早い!

 

※ 箱の変形は子供の先走り開封によるものです

 

 

ミルコ
ミルコ
それではスペックを
見ていきましょう。

 

製品仕様
最大明るさ 3734ルーメン
LED寿命 40000時間前後(単純計算で4年半)
バッテリー 18650リチウムイオン蓄電池×2本(充電限界サイクル1,000回程度)
重量 210g
回転角度 上下に90 °(左右には動きません。)
素材 ライト部周辺、アルミニウム合金。

ヘッドライト枠組みは強化プラスチック。

照射距離 500メートル前後
点灯時間 2.5-5.5時間
充電時間 約5時間程度

そして後頭部にはシグナルライトを備えています。

 

◯  内容物と付属品

本体と充電ケーブル

 

リチウムイオン蓄電池が2本

 

取扱説明書に・・・

 

ご丁寧にお手紙が。

お買いあげありがとうございました。

トモスメイカー合同会社の松田と申し

ます。

このたびはわたしたちのブランド商品

「Tomo Light (トモライト)」のヘッド

ライト買ってくださり、 改めてありが

とうございます。

このヘッドライトはわたしたちが海外の

工場と直接やりとりく開発に6か月以上

かかった大切な商品です。

他社にはない明るいライトをたくさんつ

けて、 中のバッテリーも安価で良いもの

を取りそろえて、海外と日本でタブル検品

して、 何週間もかけて船で日本に送って

もらった本当に本当に大切な商品です。

使う際はリチウムバッテリーの透明な絶縁

フィルムを外して、バッテリーケースに入れ

て充電すれば使えます。

ぜひ遠慮なく、このヘッドライトを使いたお

してください!

うちの会社は家族4名でやっている元々、

小さな富山のメーカーですが、いつも開発

品はじぶんたちの子供のように時間をかけ

てじっくりと他社に負けないよう開発して

いるつもりです。

もしも、 商品に不具合が出たら遠慮なくい

ってくださいね。

連絡先は説明書にメールアドレス書いてあ

りますので、そちらに連絡してくだされば

確実ですよー。

検品はしっかり行っていますが船で運んで

いるときにゆれて箱がつぶれていたり、 粋

がプラスチックですから工場で生産中にで

きたゴミがついていたり、凹みが発生して

いたりする場合もあります。

その際はごめんなさい!

がんばって日本でも検品しているんですが

限界もあって・・・

動作は確認してるので使用上は全く、問題な

いつもりですが、何かあれば遠慮なくご連絡

ください。 誠意対応していくつもりです!

ながながとしてしまいましたが、 いつも一生

けんめいに商品開発して、お客様に喜んでい

ただけるように、これからもがんばっていき

ます。

説明書には保証3か月なんて書いてあります

が、商品を買ってくださったのですから半永

久的にサポートするつもりですので、何かあ

りましたら、遠慮なくご連絡ください (笑)

海外メーカーとも取引長いので「こんなも

の開発してほしい!」「これを改善してほし

い!」という場合も遠慮なくいってくださ

いね。検討できますので!

それでは、お客様によりよい人生ライフを!

「お客様によりよいものを提供したい!」

 

トモスメイカー合同会社 松田

ミルコ
ミルコ
気持ちがすごくこもっている。。

 

モノ作りの技術がない消費者でしかない私

にとっては、世の中にあらゆる価値を生

み出す生産者、技術者の皆さんには頭が

下がります。

ミルコ
ミルコ
大切に使います!

 

トモスメイカー合同会社BASE店のHPはこちら。

 

早速充電してみる

テールランプ部分のシリコンラバー製のフタ

を取外すとリチウムイオン蓄電池の取付け部

があります。

 

電池をビニール袋から取出してセッティング。

 

充電ケーブルの差込口はヘッドライト左下にあります。

 

4時間後、充電が完了。

 

結構時間がかかりました。

取説のとおり、完全に放電した状態で

あれば6時間ほどかかるんでしょうね。

 

今まで使い捨ての乾電池を使っていたので

釣行後にひと手間増えた感じですが

電池を買わなくていいので経済的では

あります。

 

電池をセットし、本体の重さは210g

以前使用していたヘッドライトが80g

くらいだったので、かなり重たく感じる

ことが予想されますが…

実際に一釣行使ってみて、使用感をイン

プレします。

 

点灯実験をやってみる

Tomo Lightの点灯方式は5段階です。

各点灯パターンは次のとおり。

☆高輝度LEDライト(5灯)の点灯方式について☆

電源ボタンを押す回数によって点灯パターンを替える

1回:上段の1灯のみ点灯

2回:上段の両サイド2灯が点灯

3回:上段3灯が点灯

4回:下段(スポット)2灯が点灯

5回:全て点灯

 

室内で点灯すると、部屋全体が見渡せるほど

明るいです。

もはや明るすぎるくらいです。

 

点灯実験については釣り人目線で、実際に

使用されるであろう現場に赴き、光量、

照射範囲等の検証をやってみようと思います。



 

沖磯にて

点灯試験は、闇夜に近い沖磯で実施しました。

 

当日の月齢・潮回りは以下のとおり。

 

『月齢カレンダー』

2022年7月26日

月齢 27.0(中潮)

 

沖磯はもちろん真っ暗。

周囲はライトがなければ何も見えない状況。

 

足元から15m先の波打ち際を照射して

みたいと思います。

ミルコ
ミルコ
それでは実験スタート。

 

 

 

①  上段の1灯のみ点灯

1灯のみでも十分明るいことがお分かり

いただけるでしょうか??

 

② 上段の両サイド2灯が点灯

①に比べ、やはり照射範囲が左右に広がりました。

 

③ 上段3段が点灯

②の照射範囲の拡張に加え、さらに真ん中の

光量が増しました。

 

④ 下段(スポット)2灯が点灯

そしてスポット点灯。

光量が強過ぎて焦点が合いません。

ご覧の通り、かなり明るいので、ある1点を

照射したい時に威力を発揮しそうですが、

人と正対するときには注意が必要です。

 

⑤ 全て点灯

※15m先は①で全て見通せる明るさなので、

照射場所を変えました。

 

50m先まで昼間のように明るく照らされ

視界良好。

夜にもかかわらず遥か先が見通せる。

 

この価格でここまでできるなんて

シンプルにすごいと思います。

 



 

山奥にて(オマケ)

あくまで釣りに使用する前提での

点灯試験でしたが、せっかくなので

夜間の山奥で点灯実験をやってみます。

場所はご覧のとおり街灯ひとつありません。

 

⑤ 全て点灯

こちらも遥か先まで見通せます。

 

ついでに、この立っている場所から

どのくらい光が届いているのか

光が届いているところまでの

照射距離を測定したところ

 

 

 

何と約110m

 

 

 

ここまで光が届くとは…

予想を超えてきましたTomo Light。

 

このほか、漁港や船での実験も行いましたが、

どうしても街灯や船灯によって検証結果が分か

りづらかったので、本記事では割愛します。

 

まとめ

これだけの性能を持ちながら

価格は3,278円。(楽天市場にて)

 

正直、小遣い制貧乏アングラーの

私的にはこの上ないシロモノだと

思います。

そしてこの210gと言う重量ですが、

確かに以前のライトの倍以上の重さが

あるので一瞬重量感を感じましたが、

1時間もすると慣れるので特に不快感

を感じることはありません。

 

気になる点をあげるとすると、

点灯中、20分ほど経過すると、

LEDライト部分が熱を持つことです。

 

触れなくなるほど熱くなるということ

はありませんが、頭がじわっと暖かい。

気になる人は気になるかもしれません。

 

これだけの発光量だと、それも致し方

ないのかもしれませんね。

 

そしてもうひとつ気になるのがバンド部分。

ここが布生地なので、海で潮風にあたって

使い込むことを考慮すると、割とヘタるのが

早いんじゃないかなと思って使っています。

実際に使ってみて、どのくらいでヘタリだす

のか、劣化が見られたところでまた追記しま

す。

 

デメリットというほどでは無いですが

個人的に2点が気になるところですね。

 

しかしながら、このライトはヘッドライ

トの部門においては最強クラスの光量

を誇ると思いますよ。

 

ヘッドライトの買い替えを検討中で、

ライトメーカー&種類に特にこだわり

の無い方は、一度この製品を使ってみ

ることをオススメします。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとう

ございました!!